入るには脱毛エステ

人気記事ランキング

ホーム > 沖縄 青の洞窟 ダイビング > 【ハイサイド沖縄】海の中なのにキレイに写真が撮れる理由その1『レンズが違う』

【ハイサイド沖縄】海の中なのにキレイに写真が撮れる理由その1『レンズが違う』

青の洞窟でのダイビング体験やシュノーケリングには、魚への餌やり体験と水中カメラ撮影がおまけで付いています。

 

ハイサイド沖縄が水中撮影に使用しているのは特殊レンズと防水カメラで、特にレンズは「水陸両用ワイドコンバージョンレンズ」という特別なレンズです。

 

この「水陸両用ワイドコンバージョンレンズ」なら、水中で100.8°のワイド撮影が可能で、撮影範囲が非常に広いのが魅力。そのため、ダイビング姿だけでなく、その周りの海の様子がばっちり撮影できるのです!

 

体験者からも

「人物のピンナップ写真を撮ってくれるのかな?と思っていましたが、実際は美しく青い海の中を、悠々と泳ぐ姿が映っていて......映画のワンシーンのようで感動しました」

といった感想が出ています。

 

もちろん魚の餌やりタイムでも、沢山の魚が集まっている様子を全体的に撮影してもらえます。「手元だけ」「体験者の顔だけ」といった写真ではありませんよ!

 

是非、ワイド撮影ができるレンズの凄さを、青の洞窟で体験してみてくださいね。

 

 

●店舗貸切ボートで行く!青の洞窟シュノーケリング

WEB特別価格3,500

 

●店舗貸切ボートで行く!青の洞窟体験ダイビング

WEB特別価格7,980

 

どちらも青の洞窟の幻想的な青さ、そして可愛い魚への餌やり体験が堪能できます。気軽にご予約ください!



 

沖縄 青の洞窟 ダイビング なら2019年もハイサイドにお任せ!